Loading...
Interview 社員インタビュー
倉橋 摩央
製鉄プラント
一般事務
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

選考の過程で多くの先輩社員とお話させてもらい、会社の雰囲気が大変良かったこと、私の人間性をしっかり見てくれる会社だと感じたからです。そんな魅力ある社員の中で自分を成長させたいと思いました。
入社後に改めて感じていますが、人とその個性を大事にし、人間関係や風通しがとても良い会社です。また、一般事務であっても、希望すれば様々な業務を担当する機会を与えてくれると感じています。(私は入社時より希望していた海外プロジェクトの業務を担当しています)

学生時代
あなたが、学生時代に力をいれていたことは、なんですか。

中学の頃から夢だった留学を実現する為の準備に力を注ぎました。小さな大学だったので、当時は長期留学の制度が確立されておらず、留学ルートの調査や、実際に留学した数少ないOGへのヒアリング、現地大学とのコンタクト、単位変換可能講義の選定等、勉強の他にも検討課題が山ほどあり(笑)、柔軟な対応力を身につける良い経験になったと思います。このように自分でプランニングした留学だったからこそ、現地に行っても不安なく勉強に集中できました。

どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

就職活動では、「自分の人生で譲れないものは何か」を常に考え、軸をぶらさないように気をつけていました。自身の中に一本筋が通っていると、どこの企業の試験を受けても自分らしく受け答えできました。そんな私を在りのままに受け入れてくれたのが、新日鉄住金エンジニアリングだったと思います。
当社との出会いは大学で開催された訪問セミナーです。第一印象は「フランクで自然体な会社」。私に合っているかもしれないな、と直感したことを覚えています。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

当部では海外案件が多く、私はそのうちの一つであるインド製鉄所向けのプロジェクト実行管理業務を担当しており、インドから出張や操業研修のために来られるお客様の受入対応を行っています。ビザの取得から始まり、日本国内の移動や宿泊、食事の手配も行います。宗教や生活習慣の違いを事前にリサーチし、細部まで行き届いた丁寧な対応を行うことで、日本や当社に対する印象が良くなるように心がけています。
また、当社社員がインドに行く際の様々な手配も担当しています。航空チケットや宿泊の手配、現地移動のアレンジ、海外労災申請など多岐にわたります。

あなたが乗り越えなければならない壁は、
なんですか。

現在は、海外プロジェクトの実行に関して、国内外からの来客や出張者が安心して業務に取り組める環境の整備や各種サポート業務を担当しています。英文メールや英会話を使っての業務も多くありますが、私のビジネス英語対応能力はまだまだ未熟です。現在の業務や会社の通信教育制度を通じて日々勉強に励んでいます。

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

海外プロジェクトの担当として、きちんとしたサポートのできる能力やノウハウを身につけ、今後益々海外への展開を拡大していく当社の戦力になりたいと思っています。海外出張もしてみたいですね(笑)。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とはこの2年半は、幅広い業務に加えてCSR活動メンバーなど、本当に色々なことにチャレンジしてきました。そんな私のモットーは「何事にも挑戦すること」。失敗して周りに迷惑をかけたこともあります。でも、それが必ず自分自身の成長につながります。迷惑をかけた方には、成長して会社に貢献することでお返しをしようと頑張っています!