Loading...
Interview 社員インタビュー
石川 純平
海洋鋼構造
土木系
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

設計と施工の両サイドからアプローチすることができる会社であったからです。
設計会社であれば設計の観点からの考え方に偏り、また施工会社であれば施工の観点からの考え方に偏りやすいと思っていたので、この会社であれば双方の観点から最適解を導く能力を身につけることができると思ったのが大きな理由です。これまでは設計業務がメインでしたが、今年から施工業務も担当することとなり、これまでとは違った目線でものを見ることができるようになったと感じています。また、説明をして頂いた社員の方々が、「忙しい、忙しい」と楽しそうに言われているのをみて、やりがいを持って業務に取り組んでいる様子を感じたというのも新日鉄住金エンジニアリングに決めた理由です。

学生時代
あなたが、学生時代に力をいれていたことは、なんですか。

大学・大学院と6年間続けた、居酒屋での接客アルバイトです。
入った当初は、自分ができることとして率先して動くことだけを考えて働いていたが、長年働くことでいかに効率をよくできるかを考えながら働いていました。また、それぞれの個性を考えながら後輩への指導を行なっていました。会社に入って、現在はできることだけをがむしゃらにやる立場から、効率的な業務や後輩への指導を行なう立場となり、学生時代に培ってきたものが少しでも会社で活かせているのではと感じています。

どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

鋼構造関連の業種に特化して就職活動を行っていました。
就職活動を始めた当初は、当社の名前すら知りませんでした。しかし、新日鉄住金と新日鉄住金エンジニアリングの合同説明会に参加した際に、興味を持った業務内容が新日鉄住金ではなく当社で行なっている業務ばかりであったため、そこから当社に関心を持ち始めたのがきっかけです。その際に業務内容を説明して頂いた先輩社員の方々は、自身の業務に対して熱く語っていた事が印象に残っています。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

ベトナムのCLJOC/Su Tu Nauプロジェクトのパイプライン概略設計をリードエンジニアとして担当しています。海洋事業部(橋梁除く)における、ベトナムでの2案件目のプロジェクトであり、1案件目のプロジェクトにも参画しました。インドネシアの設計会社が作成するレポートおよび図面のレビューを担当し、施工の観点も取り入れた成果物を作成することを心掛けています。NISCONIのプロジェクトマネージメントチーム(PMT)との調整も担当しています。

あなたにとって、自身の成長につながった
エピソードを教えてください。

入社2年目で担当したベトナムCLJOC/Su Tu Trangプロジェクトのパイプライン詳細設計で、当社で実績がない有限要素解析(FEM)を用いた海底パイプラインの座屈検討を主担当したことです。実績がないことから、関連資料・基準をもとに要求項目の調査から始め、解析担当のシンガポールの設計会社を指導しながら検討を続け、最終的に解決策を導くことができました。難課題を最後まで自分がメインでやり遂げたことが大きな自信となりました。

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

設計と施工の双方からアプローチできるエンジニアになることです。これまでは、海底パイプラインを中心とした設計業務を担当してきましたが、近い将来の目標としては、施工関連の基本技術を習得し、施工現場管理を実際に行うことで、その力を伸ばして行きたいと考えています。
将来的には、難課題に遭遇した場合に、石川に相談すれば大丈夫と言われるようなエンジニアになることが目標です。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とはこれまでの会社人生で一番印象に残っていることは、実績のない検討を主で担当していた際に上司より言われた言葉です。最終結論を悩んでいる時に、「この検討はおまえが一番検討したのだから、最後はおまえの意見を尊重する。責任は俺がとるから。」
もちろん自分自身も責任を持って最終結論を客先に提出したが、この言葉でより一層責任感を持って仕事に取り組めたような気がしました。今後の業務においても、各人が責任を持って働ける環境を作ることができれば、各々の力を伸ばして行けると思いました。また、チーム力(企業力)の向上は大切であると思うが、それと同様に個人の能力を高めることも大切であり、こういった環境を作っていきたいと思っています。