Loading...
Interview 社員インタビュー
脇田直弥
新技術・新事業
建築系
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

一番の決め手は「仕事の多様性」です。新日鉄住金エンジニアリング建築部門の業務は多様性に溢れています。当社は、設計施工を中心としたゼネコン業、複雑な鉄骨造に特化したサブコン業、免制震デバイスや杭等の商品販売などを行っており、個人のキャリアとしても、設計、施工、技術営業など様々な職種を経験することが可能です。他社では類をみない職種を横断した技術を得られると思ったことが当社に決めた理由です。

学生時代
どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

私は、大学の研究でソフトウェア開発をしていたこと、就職氷河期で構造系の募集が少なかったことから、建築系IT企業中心に就職活動をしていました。ある企業から内定をもらい、就職活動をやめようとしていた時、大学の就職担当の先生から「新日鉄から募集がきているから、受験してみたら?」といわれ、当社を知りました。初めは建築の仕事があるかどうかも分からず、第一印象は教科書に載っていた官営八幡製鉄所だけでした。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

建築系構造商品の開発業務を担当しています。開発と一言でいっても、業務は多岐に渡り、広い視野と高度な技術が必要になります。具体的には、新商品のニーズ・シーズ調査、試設計・コスト試算による商品スペック設定、材料・ディテール選定のための実験・解析等を行っています。また、開発業務は、一人で黙々実験を行うだけではなく、材料メーカー、大学関係者など多くの技術者と共同で一つの商品を作り上げる醍醐味もあります。

新日鉄住金エンジニアリングの一番の強み・魅力はなんだと思いますか。

当社の一番の魅力は「魅力的な社員」だと思います。私のまわりにも、技術的に一流であることはもちろんのこと、情熱的で個性的な社員が沢山います。私はそのような社員に囲まれて仕事をすることで、厳しくも楽しい濃厚な時間を過ごすことができ、技術者として成長できたと実感しています。また、建物や商品は最終的には人が作り上げます。私は人こそ品質や競争力の源泉であり、当社の一番の強みだと考えています。

この仕事の一番の醍醐味を教えて下さい。

開発業務の一番の醍醐味はなんといっても「実験」です。私は入社後10年間構造設計をしていました。構造設計で最も重要なことは、設計した建物の壊れ方をイメージすることだと考えていますが、設計した建物を壊すことはできません。実験では、自分で計画した試験体を壊すことができ、実験前に想像もしていなかった壊れ方をする場合もあります。実験は、日々新しい発見で満ち溢れており、技術者として最も成長できる業務だと考えています。

5年後のキャリアイメージを教えて下さい。

私は、10年間、総合建築分野で構造設計を経験した後、建築系構造商品の開発業務に携わって3年になります。当社の業務は多岐に渡るため、様々なキャリアイメージをもつことができます。下記に一例を示します。
1. 開発能力に磨きをかけ現在の職務を継続する「商品開発職」
2. 自分で開発した商品を売り歩く「技術営業職」
3. 自分で開発した商品を使って設計する「構造設計職」
4. 自分で開発した商品を元に新規事業を立ち上げる「事業開発職」

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

私の今後の目標は「事業を支えるヒット商品を生み出すこと」です。当社の建築部門では、本当のヒット商品は10年に1商品ぐらいしかできないといわれ、非常に高い壁となっており、私もその壁の前でもがく日々を送っています。ヒット商品には「高い信頼性」と「使いやすさ」が必須です。何度も何度も検証することで商品の信頼性を磨き上げ、設計の経験を元に使いやすさを追求することで、ヒット商品の開発に結び付けたいと考えてます。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とは私は当社の建物や商品は「社員の情熱」でできていると思っています。日々の仕事に追われ、情熱を傾けられず行った仕事は失敗するものです。どんな業務でも、常に上を向き、あきらめず、無我夢中で情熱をもって取り組むことで、初めて、建物や商品が形づくられる。結果として、気がついたら最先端に立っているということがあるべき姿だと思っています。私にとって「その情熱で、先端へ」は、「常に全力!!」です。