Loading...
Interview 社員インタビュー
倉橋 文平
環境ソリューション
機械系
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

仕事のスケールの大きさや、国内外問わず幅広いフィールドで活躍できることにも惹かれましたが、一番の決め手は先輩社員の魅力でした。就職活動中に多くの社員と話す機会があり、皆それぞれの仕事に対して非常に熱い思いを抱いていたのが印象に残っています。本当に「こんな人と一緒に仕事をしてみたい!」と思えるような人ばかりで、当社に入れば自分もそうなれると思い、当社への入社を決めました。

学生時代
どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

最初に当社を知ったのは「仕事発見セミナー」という当時の新日鐵と新日鉄エンジの合同説明会でした。専攻が機械系の中でも材料系寄りだった私は、鉄鋼メーカーや自動車メーカー等を中心に就職活動をしており、当日も新日鐵の説明を聞きに行くつもりでこのセミナーに参加しました。そこで特に意識もせず訪れた当社のブースで初めてエンジニアリングという仕事を知り、世の中にはこんなスケールの大きい仕事があるのか!と驚いたのがきっかけでした。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

ごみ焼却施設のプロセス計算(物質収支計算、熱収支計算)や、高効率発電技術、低NOx燃焼技術の開発を担当しています。その他にも営業への技術的なサポート等も行っています。

新日鉄住金エンジニアリングの
一番の強み・魅力はなんだと思いますか。

製鉄プラント、環境ソリューション、エネルギーソリューション、海洋鋼構造、建築・鋼構造といった様々な事業領域を持ち、社会情勢の変化に柔軟な対応がしやすい組織であることは大きな強みだと思います。また、社内に様々な分野の技術者がいることで、技術の組合せにより新しいものを創造しやすい環境であるとも思います。仕事で壁にぶつかったときも、必ずどこかに有識者がいて相談できるのも強みですね。

この仕事の一番の醍醐味を教えて下さい。

プラントは様々な技術の集合体であり、ごみ処理プラント一つを取ってみてもその設計には熱力学、機械力学、材料力学、流体力学、無機化学、有機化学等の様々な知識が求められます。さらにこれを建設するには確かな工事技術が必要であり、動かすためには高度な制御システムが必要です。これらの技術を結集してチームで一つのものを造り上げる仕事の面白さは、プラントエンジニアリング以外では中々経験できないものだと思います。

5年後のキャリアイメージを教えて下さい。

自分が計画設計に携わったプラントの建設プロジェクト実行を担当し、お客様に引き渡す最後のところまで一貫してやりぬきたいです。そのときはプラント全体を見渡せる、技術の統括者としての立場で仕事をしたいです。

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

夢は、自分が一から考案したプロセスをプラントとして具現化することです。そのステップとして、当面の目標は、より高効率なごみ発電システムや低公害な処理システムのアイデアを生み出し、一つ一つ確実に実現していくことです。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とは日々、技術者としての基礎を磨き、技術に対する好奇心を絶やさず、いつか誰も考え付かなかった社会に役立つ技術を生み出すこと。これが私にとっての情熱と先端です。