Loading...
Interview 社員インタビュー
北 慎一郎
新技術・新事業
土木系
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

社員が仕事に対して貪欲で、かつベテラン・若手の区別なくオープンな印象を持ったためです。正直、大学では何かに打ち込むことなく、怠惰な生活を送るいわゆるダメ学生でした。他の同級生の多くが大学院に進学する中、環境を変え、自分を高めたいと思ったのが就職活動のきっかけです。結果、職場環境が魅力的な当社への入社を決意しました。

学生時代
どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

土木専攻でしたので、せっかくなら土木関係の仕事をしたいと思いゼネコンやインフラ系の会社を見ていました。当社とは大学での合同説明会で出会いました。当時は旧・新日鉄から分社したてで、海洋鋼構造も聞き慣れない言葉でしたが、写真で大型構造物を見せてもらったり、事例を聞いているうちに興味を持つようになりました。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

詳細をお伝えすることが出来ませんが、社会インフラの整備に関連する業務に取り組んでいます。当社の保有技術を活かして新しい商品を開発し、新規事業の立ち上げる仕事です。私は技術者として実験・解析を行いつつ、客先や共同研究者と打合せを繰り返し、少しずつ歩を進めています。

新日鉄住金エンジニアリングの
一番の強み・魅力はなんだと思いますか。

新日鉄グループとして鉄を使う技術に長けており、さらに技術をベースに他分野へ拡張する能力がある点だと思います。

この仕事の一番の醍醐味を教えて下さい。

自分自身が工夫し、苦悩しながらも取り組んだことが最終的にモノとして残り、かつ社会を支える一部として機能している様を実感できるところが、一番の醍醐味かと思います。

5年後のキャリアイメージを教えて下さい。

今取り組んでいる新規事業が立ち上がり、案件を複数抱えている頃かと思います。それまでに主要な技術要素を習得し、当社の中で第一人者として活躍していたいです。

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

開発から施工まで様々なフェーズで業務した経験や、共通して活用できる技術、自分で手を動かして検討できることを強みに、どの業務に就いても技術的観点で課題を洗い出し、解決策を見いだせる技術者になりたいです。当社にはマネジメントの道もありますが、私は技術者にこだわり続けたいです。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とは「困った!」を解決することです。身の回りの困ったことを放置せず、知的好奇心を持って何に困っているかを分析し、知識・経験に基づいた発想を元に解決に取り組むことが大事だと思います。