Loading...
Interview 社員インタビュー
帆足 勇磨
環境ソリューション
建築系
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

様々な仕事に挑戦できると考えたからです。建築の分野だけでも「総合建築」「特殊鉄構」「鋼構造商品」と、仕事の領域が幅広く、他社には無い多様性を感じた事が理由です。
入社後も、特殊鉄構の設計に2年、鋼構造商品の免制震商品関連の仕事に4年従事してきました。大手ゼネコンや設計事務所へ就職した他の大学同級生とは異なる貴重な経験を出来ていると感じます。

学生時代
どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

ものつくりを通じて社会に貢献できる仕事をしたいと考え、建築系の企業に限定せず都市インフラなどの採用活動にも参加しました。 出会いのきっかけは大学リクルーターの訪問でした。行っている仕事内容の面白さに加え、リクルーター自身がとても楽しそうに仕事の話をされていたのが印象的でした。その様子を見て、この会社なら充実した仕事が行えると感じ、新日鉄住金エンジニアリングを志望をするきっかけとなりました。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

新規事業の探索に携わっております。弊社では6つの事業領域にて事業を展開していますが、それにこだわらず次世代を担う事業を創出することがミッションです。
社会及び市場ニーズの調査や、新たな技術の調査などを通して、新規事業化テーマの抽出を行います。また抽出されたテーマを深堀りし、今後の事業化へ向けたシナリオを立案していきます。
こうした仕事を通じて世の中の動向に目を向ける機会が増え、視野を広げることができたと実感しています。

新日鉄住金エンジニアリングの一番の強み・魅力はなんだと思いますか。

幅広い分野の相乗効果を出せる基盤が、当社の魅力と考えています。建築で言うなれば、総合建築以外にも特殊鉄骨、建築商品などを扱っております。各商品で対象の市場やお客様も異なり、他社とは異なる事業領域となっております。
通常、新商品を始めて実物件に組み込むことは高いハードルです。しかし、弊社ではこうした背景のため、弊社設計案件に新商品を用いる等、新しいことを実現しやすい土壌があります。

この仕事の一番の醍醐味を教えて下さい。

現在は新規事業開発に従事しておりますが、世の中が大きく変わり始めていること、そして新たな事業を生み出すことの難しさを感じています。こうした経験は、建築設計や研究といった仕事を続けていてはなかなか出来ません。
新規事業の立ち上げは一筋縄ではいかず、上手くいかないことばかりです。しかし、諦めずに何度も挑戦していかなければ、結果も出せません。挑戦を繰り返せる立場にいることで、非常に貴重な経験を積んでいると感じます。

5年後のキャリアイメージを教えて下さい。

新規事業開発における市場ニーズ調査を通じ、企業や研究者など様々な人の話を聞きました。そして、お客様のニーズの本質をとらえ、それに応えることの大事さを学びました。
その経験を生かし、建築の免制震商品分野において技術面のみを突き詰めるのではなく、世の中やお客様の動向やニーズを敏感にとらえ、お客様に寄り添った提案をしていける技術者になりたいと考えています。

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

新規事業開発を成功させることが現在の目標です。そのためには、先の分からない新しい事にも積極的に挑戦し、能動的に動くことが重要です。これがなかなか難しく現在の課題でもありますが、そういった行動が自分の成長にもつながると考えています。
また、「ものつくりを通じて社会貢献をしたい」という気持ちは、就職活動中から変わっておりません。将来はお客様の要望に応え、社内外両方から頼られる技術者になる事が目標です。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とは先の見えない時や経験のないことは、人間なかなか挑戦できないものだと思います。プロジェクトでも研究でも、そんな壁に突き当たることはよくあります。
そうした時に、一歩踏み込んで挑んでいける勇気や諦めずにやり切る覚悟が、「その情熱で先端へ」なのだと思います。
当然挑戦することでうまくいかないこともありますが、挑まなければ結果は出ません。常にそういう気持ちを持って物事に取り組んでいきたいと思います。