Loading...
Interview 社員インタビュー
藤本 大道
海洋鋼構造
機械系
キャリアステップ
事業分野・職種
新日鉄住金エンジニアリングに入社を決めた理由

理由は主に2つあります。1つ目は、当時日本で唯一のオフショアコントラクターだったからです。大学時代に学んだことを活かすことができ、他では経験できない特殊な仕事に心惹かれました。若い内から海外で経験を積めるというのもポイント高かったですね。2つ目は、出会った社員の皆さんが魅力的だったからです。皆さん誇りを持って仕事をしているんだと感じることができ、是非一緒に働きたいと思ったことが決め手になりました。

学生時代
どんな就職活動をしていましたか。
会社との出会いと、第一印象について教えてください。

最初は特に業界を絞らず色々な会社を見ていました。ぼちぼちセミナーに参加し始めたころ、とあるセミナーで当社がプレゼンをしていたのを見たのが最初の出会いでした。プレゼンでオフショアを舞台にしたエンジニアリングを行っていると聞き、そんなことをやっている会社が日本にあるのかと目から鱗でした。巨大なプラットフォームを巨大な作業船が吊上げている写真を見て衝撃を受けたのを記憶しています。

学生時代
あなたが担当してる、
現在の仕事内容について教えてください。

当社保有の作業船について、稼働率向上検討や次世代船の検討等を担当しています。海上の現場では、船が一日動かないだけで数千万の損失となるため、稼働率は我々の競争力に直結します。船で作業が止まる原因は様々ですが、悪海象下で船が大きく揺れてしまうのも作業できなくなる原因の一つです。何とか揺れ難い船とし稼働率を向上する為、社内外の関係者の方々と協力し色々な方策を考え、数値解析や実験等を行ったりしています。

新日鉄住金エンジニアリングの
一番の強み・魅力はなんだと思いますか。

個人的には2つあると思います。1つ目は、事業領域が多岐に渡っていることです。幅広い技術を基に新しいプロジェクトや事業を創出することで、世の中の変化にも適応していけると考えています。2つ目は「人」だと思います。先輩社員達の技術を追求し、より良い物を提案しようという姿勢が本当にすごいです。こういった仕事に対する誠実さが 顧客の信頼獲得に繋がっているのだと思います。

この仕事の一番の醍醐味を教えて下さい。

達成感だと思います。普通は経験できないような非日常の世界で、色々な国の大勢の仲間と協力して、巨大な構造物を作り上げた時のそれは何とも言えません。自分が検討したものが出来上がっていく様子は本当に痺れます。もちろん忙しくて家に帰れないようなこともありますが、その分喜びも一入です。現場以外では「今週も頑張った」と言いながら飲む週末のビールですね。

5年後のキャリアイメージを教えて下さい。

海洋工事や設備について精通した技術者となることをイメージしています。施工と設備両方の理解を深めることで、効率的な施工方法や競争力のある設備を提案し、実現していきたいと考えています。入社後3年間は現場に出て経験を積んだので、今後は足下の検討業務に加え、当社保有作業船に関する技術やノウハウを習得し、設備技術力を向上して行きたいと考えています。

あなたが持っている夢や、
今後の目標を教えてください。

オフショアの施工設備はあっと驚くような非常に変わったものばかりで、まるでSFの世界です。ただ、それらの設備は早く効率的に施工したいというニーズがあり、それを実現するために色々な分野の技術者が最先端の技術を組み上げていった結果、自然に行き着いた形なのだと思います。私も施工と設備の両面から、経済的で効率の良い施工方法や設備を考案し、実現していけるような技術者となることが目標です。

あなたにとって「その情熱で、先端へ」とは楽しむことです。激務やトラブル、無理難題、理不尽なことに遭遇した時、プレッシャーやストレスで押しつぶされそうになることもありますが、それらは全て乗り越えた時に自分を成長させてくれます。どうせ乗り越えるなら、楽しみながら乗り越えたいと考えています。逆境にあるときこそ「面白くなってきた」と考えて、アドレナリン全開で仕事を楽しむように心がけています。